お墓参りの2日間

母の従兄弟たちは地元と東京に分かれているのですが、地元の従兄弟たちより、東京の従兄弟達の方が仲がいい。特に仲のいいHおじさんは母と乳兄弟というのもあるし、幼少期は毎年夏休みは新潟で過ごした関係もあって別格。兄弟に近いのでしょうね。Hおじさんの兄弟姉妹とはとても仲良くしているのです。
その東京の従姉妹の一人がが数年前に亡くなり、もう一人今年の頭にも亡くなって寂しがってはいたのです。
数年前の葬儀は行ったのだけれど、お墓参りには行けてない。
今年の頭の葬儀は家族葬と言うことで参列はできていない。
なので秋になったら東京へ連れて行けと言われていたわけです。
お墓2箇所にお参りして、Hおじさんに会う、そんな予定。
1泊でいくつもりだったからこの予定だけれど、浅草寺とか行こうと思ったら回れるし、ハードスケジュールが嫌ならもう1泊は可能だよと言ったのですが、今回は東京の従姉妹達に会えればいいとの答え。
ふぅんと行ってきました。

お墓は両方共同墓地という形式の場所。
田舎者なのでこの共同墓地というのは初めて行ったのですが不思議な空間でした。
規格サイズがほぼ一緒のいろんな宗派のお墓が並ぶ。
管理はここの墓地管理がやってくれているのでしょうが、供養の差が見えるのはなんだか不思議。
今まで知っている墓地は全部同じお寺の管理だから、供養に差があってもベースの供養は一緒なのよね。
整然とならんでいるからきれいに見えるけど、なかなか複雑。

経典抱えていったので供養のお経を15分くらい。
1箇所目は雨の中、つたない経につきあってもらいました。
2箇所目は一通りあげたところでアゲハチョウ。
え?今頃お迎えってまだたりないってこと?でプラス10分。
血縁がある母の従姉妹たちは日々の読経が届いているのかも。その連れ合いの方の供養が足りないのかもしれないとふと思ったり。

母と2人で旅行というのもないことなので、そういった意味でもいい旅でした。

来年は無理でも再来年にはまたおいで、と言ってくれる母の従兄弟たちには感謝です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック