チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛@Tジョイジョイ新潟万代

春に映画館で予告を見て見たいなと思っていた作品。
やはり新潟ではここだけの単館ロードショーでした。
画像



監督: ジャスティン・チャドウィック
製作: アリソン・オーウェン
製作総指揮:ポール・トライビッツ ボブ・ワインスタイン デヴィッド・C・グラッサー
ジャスティン・チャドウィック クリストファー・ウッドロウ モリー・コナーズ
マリア・セストーン サラ・E・ジョンソン パトリック・トンプソン ローリー・マクドナルド
ウォルター・パークス
原作: デボラ・モガー
『チューリップ熱』(⽩⽔社刊)/『チューリップ・フィーバー』(河出⽂庫刊)
脚本: デボラ・モガー トム・ストッパード
撮影: アイジル・ブリルド
プロダクションデザイン:サイモン・エリオット
⾐装デザイン:マイケル・オコナー
編集: リック・ラッセル
⾳楽: ダニー・エルフマン
原題:TULIP FEVER
アメリカ/イギリス作品 2017年

出演:アリシア・ヴィカンダー(ソフィア・サンツフォールト)
デイン・デハーン(ヤン・ファン・ロース)
ジャック・オコンネル(ウィレム・ブロック)
ホリデイ・グレインジャー(マリア)
トム・ホランダー(ソルフ医師)
マシュー・モリソン
ケヴィン・マクキッド
ダグラス・ホッジ
ジョアンナ・スキャンラン
カーラ・デルヴィーニュ(アナジェ)
ザック・ガリフィナーキス(ヘリット)
ジュディ・デンチ(修道院⻑)
クリストフ・ヴァルツ(コルネリス・サンツフォールト)
【解説】
デボラ・モガーの世界的ベストセラーを「エクス・マキナ」「リリーのすべて」のアリシア・ヴィカンダー主演で映画化。チューリップ・バブルが過熱する17世紀のオランダを舞台に、豪商のもとに嫁いだ若妻と、その肖像画を依頼された若き貧乏画家の禁断の愛の⾏⽅を描く。共演はデイン・デハーン、ジュディ・デンチ、クリストフ・ヴァルツ。監督は「ブーリン家の姉妹」「マンデラ ⾃由への⻑い道」のジャスティン・チャドウィック。
経済的な栄華を極める17 世紀のオランダ、アムステルダム。⼈々はチューリップに熱狂し、球根⼀つが邸宅⼀軒にも相当するほど投機熱が過熱していた。孤児として修道院で育ったソフィアは、美しい⼥性となり、豪商のコルネリス・サンツフォールトのもとに嫁いだ。何よりも跡継ぎを産むことを期待されていたソフィアは、コルネリスと⼦作りに励むだけの愛のない結婚⽣活を送っていた。そんな中、コルネリスはソフィアとの肖像画を描かせるために、将来を嘱望されている若⼿画家ヤン・ファン・ロースを雇うのだったが…。<allcinemaデーターベースより>

ジュディ・ディンチが出てるのは知らずに行きました。
いい役どころででてました。
ヨーロッパの映画の色って好きなんですが、中世物はまた違った意味ですきだと改めて思う作品でした。

チューリップに対する熱狂ぶりと、画家がソフィーに向ける熱狂ぶり、そしてマリアが恋人に向ける熱狂の見せ方が上手と思ったの。みんな軌道を逸脱してる。
妊娠をまねる、というのはどうかと思うけれど、あの時代のあのドレスだからこその発想なのかなぁ。あとは白人女性の強さ。産んですぐうごくとか、アジア人には不可能かと思われるシーンも多々あり。
コルネリスが哀れなのよね。
彼は子供を望んだだけなのに。
うさんくさい産科医の頭をたたきつけるソフィーには笑わせていただきました。

チューリップってよくあるお花だと思っていたのだけれど、これだけの熱狂があってこそのポピュラリティーなのね。
修道院には宝物が詰まっている、そんな気にもなりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック