アリー  スター誕生@ユナイテッドシネマ新潟

1978年のクリス・クリストファーソンとバーブラ・ストライサンドの『スター誕生』が大好きで、何度も見てるんです。
でもライザ・ミネリの『スタア誕生』は見たはずなのに記憶が無いという不思議。
リメイクだからストーリーもわかってる。
でも予告編を見て気になっていた作品。思いのほかガガがかわいいんだもの。
でも78年のほうが好きなままでおわっちゃうかなぁという一抹の不安もあっていつみようかしらと悩んでいた作品。
この映画の前の『おとなの恋は、まわり道』が欲求不満で終わっちゃったので、映画見てよかった、って気分で帰りたいから何かやってないかと探してこれ。奇しくも封切り日に観賞となりました。
画像

監督: ブラッドリー・クーパー
製作: ビル・ガーバー
ジョン・ピーターズ
ブラッドリー・クーパー
トッド・フィリップス
リネット・ハウエル・テイラー
製作総指揮: ラヴィ・メータ
ベイジル・イヴァニク
ニーヤ・クイケンドール
スー・クロール
マイケル・ラピーノ
ヘザー・パリー
脚本: エリック・ロス
ブラッドリー・クーパー
ウィル・フェッターズ
撮影: マシュー・リバティーク
プロダクションデザイ ン:カレン・マーフィ
編集: ジェイ・キャシディ
⾳楽監修: ジュリア・ミシェルズ
ジュリアンヌ・ジョーダン
原題:A STAR IS BORN
2018年アメリカ作品

出演:ブラッドリー・クーパー(ジャクソン)
レディー・ガガ(アリー)
アンドリュー・ダイス・クレイ
デイヴ・シャペル
サム・エリオット

【解説】
これまでにも何度もリメイクされてきた1937年の名作「スタア誕⽣」を原作に、世界的歌姫レディー・ガガが映画初主演を果たし、相⼿役を務める「世界にひとつのプレイブック」「アメリカン・スナイパー」のブラッドリー・クーパーが記念すべき監督デビューを飾った感動の⾳楽ドラマ。歌⼿を夢⾒る⼀⼈の⼥性が、国⺠的⼈気ミュージシャンに⾒出されたのをきっかけに、瞬く間にスターダムへと駆け上がっていくさまと、その中で⽪⾁な運命が交差していく2⼈の間に芽⽣えた愛と葛藤の⾏⽅を、レディー・ガガの圧巻のパフォーマンスとともに描き出す。
ウェイトレスとして働きながらも歌⼿を夢⾒るアリーだったが 、なかなか芽が出ず⾃信を失いかけていた。そんな時、場末のバーで歌っていたアリーの前に、世界的ロックスターのジャクソンが現われる。彼はアリーの歌声に惚れ込み、彼⼥を⾃⾝のコンサートに招待する。そして、いきなり⼤観衆が⾒つめるステージにアリーを呼び込み、⼀緒にデュエットを披露し、観客からの喝采を浴びる。これをきっかけにアリーは⼀気にスターへの階段を駆け上がっていくとともに、ジャクソンとも深い愛情で結ばれていくのだったが…。<allcinemaデーターベースより>

78年の作品のリメイクというのを脇においていい作品だったといえる1本でした。
個性的といえば聞こえがいいけれど、鼻も口もパーツのおおきいアリーを美しいといって本当にきれいにしていくジャクソンはいい男だわ。
音楽の才能と歌声と、そしてそこにある「傷」
「傷」をさらけ出しているように見えて、今の一番深い傷は見せないから、ラストシーンになっていくのよね。
過去の「傷」を見せられて安心していた女は浅はかなんだろうか?
プリティ・ウーマンのソロギターがジャクソンの葛藤であり、傷なんだけど、あそこで誰も注意を払わないのが痛い。
アルコールにおぼれるのは意味がある。

頻繁にブラッドリー・クーパーの細部がクリス・クリストファーソンに重なる。
髪の毛のカール、ギターの抱え方、背筋の伸ばし方、アリーに寄りかかる角度、グラスをあおる手。
それよりは少ないけれど、レディーガガを透かしてバーブラ・ストライサンドも見える。
どこまで前作を意識してつくったのかどこかにインタヴューないかしら。

ガガの歌唱力はもちろんだけれどクーパーもいい歌手なのね。とおもったら、ちゃんとボーカルレッスンを受けた結果らしい。偉い、うん、それであの歌は納得。
ガガはピアノを弾く手じゃないけれど、普段から弾いてるのよね?
クーパーもピアノとギターは練習したのかもともと弾けたのか。
そんなことを思うくらい中で使われる音楽は完成度が高い。すべてライブで録画したという実力がすごい。
これはちゃんとサウンドトラックのCD買いましょう。

ミュージシャンの傷は身につまされるから痛いのよね。
痛みがある愛と音楽が残るからいい映画だったなぁと思えるの。
とってもいい映画でした。
好きじゃないかも、でスルーしないでよかった映画です。
はずれの映画もみなければ、あたりの映画にもめぐり合えない。
そう教えてもらった日となりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック