容疑者Xの献身(TV)

実家で録画してあったものを観賞。
画像

監督: 西谷弘 製作: 亀山千広 プロデューサー: 牧野正 和田倉和利 プロデュース: 鈴木吉弘 臼井裕詞 エグゼクティブプロデューサー: 清水賢治 畠中達郎 細野義朗 プロデューサー補: 大西洋志 菊地裕幸 企画: 大多亮 原作: 東野圭吾 『容疑者Xの献身』(文藝春秋社刊)
助監督: 村上秀晃
出演: 福山雅治 湯川学 柴咲コウ 内海薫 北村一輝 草薙俊平 松雪泰子 花岡靖子 堤真一 石神哲哉 ダンカン 工藤邦明 長塚圭史 富樫慎二 金澤美穂 花岡美里 益岡徹 葛城修二郎 林泰文 柿本純一 渡辺いっけい 栗林宏美 品川祐 弓削志郎 真矢みき 城ノ内桜子

東野圭吾の『ガリレオ』シリーズ初の長編にして直木賞受賞の傑作感動ミステリー『容疑者Xの献身』を、大ヒットTVシリーズ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。冴えない人生を送る天才数学者が無償の愛に衝き動かされて仕組んだ究極のトリックに、天才物理学者・湯川学が挑むスリリングな頭脳戦を、ドラマ版のテイストを残しつつも原作の持つ人間ドラマに重きを置いた丁寧な筆致で描いてゆく。出演は福山雅治、柴咲コウらオリジナルキャストに加え、事件の容疑者・花岡靖子役で松雪泰子、天才数学者・石神哲哉役で堤真一が登場。
 ある日、貝塚北警察署管轄内で男性の死体が発見される。顔は潰され、指も焼かれて指紋が消されていたものの、ほどなく身元は判明した。捜査には本庁も出動し、貝塚北署の刑事・内海は先輩の草薙と共に、被害者の別れた妻・花岡靖子へ聞き込みに向かう。しかし、容疑者と目された彼女には完璧なアリバイがあった。いきなり壁にぶつかった2人は、さっそく“ガリレオ”こと湯川学に相談を持ちかける。そこで偶然にも、靖子のアパートの隣に住む冴えない男・石神哲哉が、湯川の学生時代の無二の親友だったことが判明する。現在は高校のしがない数学教師をしている石神だったが、彼は湯川が“僕の知る限り、本物の天才”と評するほどの頭脳の持ち主だった。やがて、湯川は石神がこの事件に深く関わっているのではと疑念を抱き始めるが…。

2008年日本作品

(映画データベースより)

展開とトリックがすばらしい。すべて見せながら進む展開だからすごいなぁって思いながら見てましたが
最後の最後でああ、そうだからこうなったんだ、ふむふむ。そんな展開でした。
湯川がすべてを知っているとは限らない。数学と物理の頭脳ってそんなに大きく違わないと思っていたんだけど違いがあるんだね。
ウイスキーおいしそうだったなぁ。

"容疑者Xの献身(TV)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント