桂吉坊ひとり会@さばの湯

落語は興味もあって行きたいんだけれど
いかんせん知識がない。
そんなときお誘いを受けて行ってまいりました。

毎月3日間さばの湯でひとり会を行っているとのこと。
この噺家さんのことはお誘いいただいたMarshkaさんからも伺っていて
ぜひぜひライブをみたいなと思っていたのです。

ほんと、
最初に見るには絶好のコンディションでした。

小さな箱なので、近くで落語を見ることができた。
兄弟弟子の桂佐ん吉(漢字これでいいかな?)さんと一緒だった。

これがとても大きかったです。
よく知らないもののジャンルって、お一人だけ拝見(拝聴)すると
うまい方にあたればそのジャンルが好き!って思い、
あまり上手くない方だとそのジャンル自体をあまり好きではないと思ってしまいがち。
そしてどんなにその方が上手くて、そこが基準になって、技術力の高さの感動が薄れてしまうのが
今までの経験上の初めてのジャンルとの接し方なような気がします。

兄弟弟子なのでお二人とも良かったのですが
どうしてMarshkaさんが吉坊さんをご贔屓にするのかとてもよくわかりました。

とてもとてもおもしろかった。
声立てて、ずっと笑ってた、そんな感じの2時間弱。
途中太鼓、笛、三味線で出囃子も演奏してくれて音に関しては、歌い手として使えるヒントもたくさんありました。
どうもありがとう、って誰に言えばいいのやら。

吉坊さんが1席
佐ん吉さんが1席
そして出囃子の演奏があって
吉坊さんの1席芝居噺

特に最後の芝居ネタのものが絶品。
うまいなぁ、うまいなぁ。
それ以外言葉がないの。
お芝居をパロディにしているのですが、歌舞伎役者としてもいいところまでいけるんじゃないの?と思える演技力。
動作にあわせて、太鼓や拍子木をいれての噺だったのでかなりレアだった模様です。

最初の1席と芝居話では衣装替えもしてくださいました。
後半は5つ紋の黒の絵羽織。
生まれ育ったところが男物の着物をつくるところなので、
お正月の月だからきちんと礼装してくださったんだなぁ、て。
5つ紋なんてなかなか見ない上に「桂」の紋でした。
はじめてご贔屓の人が着物とかを誂えてあげたくなる気持ちがわかった気がしました。

吉坊さんは
わたしもちょっと追いかけて見続けたいなと思いました。

吉坊さんはこんな方
そしてさばの湯さんのHPはこちらです↓
http://sabanoyu.oyucafe.net/

また行きたいなぁ。

わたしを思い出して声をかけてくださったMarshkaさん
どうもありがとうございました。


"桂吉坊ひとり会@さばの湯" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント